断熱材の入れ方の確認です。

外周壁(天井含む)に入れるロックウールやグラスウールの無機繊維系断熱材の施工です。

断熱材の入れ方


これらの断熱材は、水に濡らしますと、毛細管現象にて、水を含みます。
断熱性能は極めて低下します。
施工前の保管状況、施工中の雨水に当たらないこと、入居後における、雨漏り・内部結露・水漏れなどのトラブルがないことが断熱性能の条件です。


肝心な、断熱材の施工に注意が必要です。
断熱材は室内側が防湿層、外気側は透湿層です。
透湿層はビニールに、針で穴をあけた状態になっています。
それが少しでも含まれた湿気を逃がします。

防湿層の耳を正しく、間柱・桟にかけて正面から固定します。
耳を間柱・桟にかけないで、押し込み施工することがあります。
正しい施工方法ではありません。
大工は、このやり方の方が、石膏ボードの段差がつかないなどの点で、好んでやります。


断熱材を室内側の石膏ボードに密着させるのが、この業界の常識です。
断熱材と石膏ボードに間に、隙間を設けてはいけません。