屋根勾配の確認

通常の住宅の屋根勾配は、3寸~6寸勾配で、平均5寸勾配です。
5寸勾配とは下辺10に対して、立上り5の直角三角形を意味します。
その斜辺が屋根部分です。
これらの勾配では雨の漏れる可能性は少なくなります。

この範囲から外れる場合は当然、雨漏りに対して、何らかの追加対策を講じる必要があります。
緩い勾配になるほど、雨漏りの危険性が増します。
3寸未満の緩勾配になりますと、雨漏り対策上、屋根下葺き材のアスファルトルーフィングが通常のものではなく、粘着性のあるレベルアップした材料にするか、増し張り補強等の配慮が必要になります。

中には0.5寸~1.5寸勾配の屋根が設計されることがあります。

防水工事ならよいのですが、この勾配を屋根工事で設計するのは、雨漏りの観点からは問題です。

デザイン以前の問題ですが、最近増加傾向にあります。

水を受けて、雨が漏れるように設計しているように感じます。

このような場合は、施工上の特別対策が必要です。
また緩勾配の屋根は水が流れるにしても速やかではありません。
水が滞留する結果、屋根面に藻が繁殖します。


それでは、急勾配になればなる程良いかといいますと、そうでもありません。
別の問題が生じてきます。

6寸勾配以上の急勾配になりますと、施工上危険と判断され、屋根足場を施工することになります。
当然仮設工事費用に反映され、割高になります。
また、点検時も簡単には屋根に昇ることができず、離れた位置からの目視だけになります。
点検しにくい状態・メンテナンスしにくい状態になります。

逆に、小屋裏の空間を大きくとることができるというメリットもあります。
工事の時点で屋根足場を設置するのはわかりますが、点検するときにも屋根に昇ることができないのは問題です。
充分に点検することがしにくい状態です。
離れて目視検査だけで終わるかもしれません。
点検用に費用をかけて足場を設置することは、建築主にすればつらいものがあります。
点検が終了すれば、また屋根足場を解体撤去するわけですから、無駄と感じてしまうのも当然かもしれません。
足場を設置せずに、親綱を張って、安全帯を使用する場合もあります。足場を設置するよりは、はるかに危険です。
第一、安全帯を引っ掛ける親綱を、どうやって張るのかも問題です。
屋根足場無しでは、非常に点検しにくい現場になります。

やはり点検しにくい現場は、入居後に問題が残ることになると思います。
室内側に雨漏り現象という、異常が発生するまで、発見は遅れます。
異常を発見しても、修理に屋根足場費用が加算されます。
建築主に、特別のこだわりがなければ、雨漏り対策上、標準勾配が無難です。

こだわりがあるのなら、施工面で、特別の対策を講じるべきです。
標準作業に比較して、下葺き材をレベルアップする分だけ割高になりますが、将来のことを考えて、検討すべき課題です。

屋根勾配