小屋裏の換気面積について、

夏場に2階の部屋は暑いですが、小屋裏の換気は充分にできているのでしょうか?

小屋裏の換気は、建物の耐久性に大きな影響を及ぼします。
屋根の形状と、軒の出が問題となります。

屋根の形状は、小屋裏空気の排気口となる、換気口を取り付けることが条件となります。
一般には、換気トップを取り付けることのできる、棟が長い寄棟タイプが無難です。
棟の無い寄棟、つまり方形タイプは、小屋組の構成上、換気口をとることが困難となります。
取ったとしても、極めてわずかの換気しかできません。
結露につながります。
結露による湿気で、木部のカビ・金物のサビの発生になります。

切妻タイプは妻面に換気レジスターを取り付けることが可能です。
したがって、寄棟・切妻が無難ということです。
入母屋タイプも換気は可能ですが、換気面積と雨仕舞いの問題で?です。
片流れも雨仕舞いで?です。
これらの屋根形状の場合には、別に雨仕舞い対策が必要となります。

軒の出は、軒裏天井の換気口をとることができれば、空気の入り口になります。
ここから入った空気が小屋裏で熱せられ、軽くなって換気トップから排出されます。

棟換気トップ


一般の流れ方です。
しかし、方形タイプのように、換気の排出口がとれない場合は、計算上、軒裏換気口から空気が排出されるという想定です。
風が強いときに、少しは流れるかもしれませんが、小屋裏で熱せられた空気は上昇するのが自然の法則です。
棟の換気トップから排出するのが理想です。
建物の維持管理上、空気を滞留させることは不可です。

水を滞留させると腐りますが、流れの中では腐りません。
気体も液体と同じことです。

小屋裏で空気を滞留させると、建物の維持管理上、ろくなことはありません。