着工後に最も変更したいところは電気関係です。

工事途中の変更が、いつまで可能なのかを確認したいところです。

大きな住宅メーカーほど、工事途中の変更を認めません。
その条件で契約します。
そういえば、「変更はもうありませんね」と何回も念押しされた記憶がよみがえります。
小さな工務店であれば、工事途中の変更は、大抵問題なく可能です。
どちらかといえば、「ここをこのように変更した方がよいですよ」という提案を、工事途中にしてくれる場合もあります。

基本的に、建設現場のように、多くの職種・多くの職人が入る現場では、この変更の管理は大変な負担となります。
大きな建設現場において、現場監督が常駐する場合は、管理ができます。
住宅現場は、通常、現場監督は常駐しませんので、事前連絡・段取りが特に大切になります。
現場対応で納めていくことが難しいシステムです。
一度、職人に渡した図面を、新しい変更図面に差し替えるのは、連絡・受け渡し・確認が難しいのです。
過去に何度も行き違い・連絡ミスによるやり直しを経験してきました。
その歴史の中で、大手住宅メーカーは着工までに、打ち合わせ、変更を検討し、最終確定図面を作成します。
その図面以後の変更は認めないということです。
したがって、図面検討段階で、家具の配置を考え、コンセントも多めに設定しておきましょう。
最初から追加するコンセントは、1個所追加しても、たいした金額にはなりません。
もし、無理やり変更するとすれば、工事進行状況により、その数倍の金額になるはずです。

ちなみに、竣工してから、コンセントを1箇所追加すると、大工・電気職人が同時に行き、まずクロス・石膏ボードをめくります。
石膏ボードは再度使用不可で、ゴミにしかなりません。
そして電気配線を行います。
部位により、追加できるところと、できないところがあります。
場所によってはかなり広範囲にめくります。
その後、復旧工事として、石膏ボードをはりなおします。
それから、クロス職人がパテ処理をして、クロスをはります。
そのクロスですが、同じ品番で発注しても、ロット番号違いで、若干の色違いがある場合もあります。
随分とコストがかかります。
すんなりと進行しない現場はストレスもたまります。

着工後に建築主から、変更要請がある場合、最も多い変更は、圧倒的に電気関係の変更です。
工事進行に伴って、段々出来上がり状態が見えてきますと、いままで気付かなかったことに、気が付くようになってきます。

家具・電化製品の配置などが具体的になってきますと、図面をみると、コンセントが必要なところに、無いということがわかってきます。
現場を確認すると、まだ石膏ボードをはっていないところですから、今のうちにコンセントを追加しておけば、と考えがめぐります。
追加・移動などがしたくなってきます。

住んでみないとわからないところは必ずありますので、コンセントの数は多めに設定しておきたいものです。
コンセントを追加して、後悔した建築主は、私の知る限りありません。
追加せずに後悔した建築主は多数おられます。
そのつもりで、電気図面を検討してもらいたいものです。