タイルに白華(はっか)現象がでています。

かなり激しくでています。

白華


エフロレッセンスともいいます。
通称は鼻垂れともいいます。

Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2O

つまり、アルカリ性の水酸化カルシウムが、空気中の炭酸ガスと化合して、中性の炭酸カルシウムと、水になるという中性化現象です。
劣化現象の1つです。


この現象が発生するためには、水の存在があります。

タイルの白華現象は、雨漏り・結露などによる、水がまわっているから起った現象です。

雨漏りや結露がなかったとしたら、白華もおこらなかったでしょう。

よく外構工事で、コンクリート擁壁におこります。
擁壁の裏側には水がまわりますから、白華はおこりやすいです。

この写真のように、建物外壁タイルに発生するのは、施工上の問題の可能性が高いです。
どこかから、雨漏りがして、白華現象になっています。

まず、雨漏りを止めることが先決です。
原因をつぶさないで、白華現象だけの対策を講じても、再発します。
雨漏りを止めた後、タイル部分に水がかからない、炭酸ガスに接しない工夫が必要です。

例えばケミストップのような薬品を塗っても効果があります。