人が生活すると、様々な湿気がでます。

室内の温度と湿度、外気の温度の条件により、結露が発生します。

厳しい条件を設定すると、必ず結露は発生します。

窓ガラスの結露


赤ちゃんのいる家族で、親子数人が1室で就寝する場合があります。
朝起きると、窓ガラスは結露でびっしょりです。
観葉植物を室内で多数並べて、越冬させます。
熱帯魚を飼育します。
冬に洗濯物を、室内で干します。
フロの浴槽蓋を開けっ放しにします。
トイレの便器蓋を開けっ放しにします。
石油ストーブを焚きます。
ひょっとしたら、石油ストーブの上にヤカンを置いて沸騰しています。

これらの住まい方は、結露に対して、とんでもない住まい方です。

建物の耐久性に大きな悪影響を及ぼします。
温度の差ができると、どこかで結露する可能性が高まります。


これが壁体内でもおこります。
この窓ガラスのような水分が、壁体内の断熱材を濡らして、じゅくじゅく状態にします。

カビ・藻の発生、腐朽菌の生育、白蟻などにつながります。

その原因の主な部分は、結露です。