内部結露について、

結露には、内部結露と表面結露があります。

表面結露はサッシのガラス面などに垂れる水ですから、建築主が気付き、ふきとることが可能です。
生活する中でもっとも厄介で、大きな問題は内部結露の方です。


結露水は雨水とともに、建物の耐久性に大きく影響します。
室内の汚れの原因であり、壁の中や部屋の隅角部に湿気があるということは、腐朽菌・カビにとって絶好の住みかを提供し、結果として人体の健康まで脅かす原因となります。

結露とは、室温を20℃としますと、水が空気中に水蒸気となって存在している量(飽和水蒸気)があります。
湿度60%だったものが、暖房を切って室温が10℃まで下がると、水蒸気でいられる量は気温が下がると減るのですが、100%を超えた分は、気体から液体つまり水滴になるのです。
この水滴、室内では壁や床などの表面に発生します。
ちなみに気温0℃では水蒸気は空中にいられる量は極端に減ります。


温かい室内と断熱材を挟んで寒い外部との壁がある場合、室内の水蒸気は断熱材の中を通過中に温度が下がり、断熱材中の一定の場所以降で飽和状態となり、オーバーした分が結露水になってしまうのです。
つまり内部結露です。
従って、断熱材より内装側にしっかりとした防湿層を設けることで、水蒸気が断熱材内へ侵入しないようにすることが必要となってきます。
これを怠ると、壁内で内部結露被害を起こす可能性があるということになるのです。


北海道での断熱工事の内側では、室内側に防湿フィルムで、開口部周りなどでは、丁寧に施工されています。
特にコンセントなどの配線やコンセントボックスが埋まっている場合の隙間対策は厳しいチェックが必要です。
北海道の外気温は日中でもマイナスですから、結露水はそのまま乾燥することもほとんどなく、室温の影響で湿気たまま半年間も留まって悪さをする可能性が高く、それだけ施工精度は重要なのです。

また、内部結露は、ロックウールなど繊維系の断熱材で起きやすく、断熱材が量的に多いので問題視されていますが、結露する前は水蒸気つまり気体の状態ですから、発泡系でも若干通り抜けて行くことは否定できません。
マンションなどで内断熱をウレタンなど吹き付けた場合、RC内側面に結露して問題になる場合もあります。


日本で最初に、本格的な通気工法として認められたのは、ハウス55プロジェクトで推奨された壁体内換気システムです。
壁体内の断熱材を蒸れないように、空気を滞留させることなく、動かすことができれば、結露には大変プラスに働きます。
しかもエネルギーが空気の温度差という自然エネルギーのみ使用します。
これで、壁体内を毎秒10~40㎝空気が上昇します。
換気扇の作動など水回りを中心に排気するなど住まい方にも注意が必要です。

結露問題は、寒冷地では特に注意が必要で、問題点は施工の丁寧さや入居者の住まい方にありますので、住宅会社の工事管理はもちろんのこと、建築主も注意を払って下さい。