給湯器の性能について、

給湯器の号数とは、給湯器の能力のことで、「水温+25℃の湯を1分間に何リットルだすことができるか」という基準で決められています。

つまり、快適度合いということになります。

1号とは、1リットルの水を1分間に25℃上昇させる熱量のことで、例えば、水温が15℃で、適温といわれる40℃のお湯を1分間に16リットル出せれば16号と呼びます。

昔は8号や10号の給湯器が普通でしたが、住宅の設備については、だんだん高い性能が要求されてきました。
最近の住宅では、給湯箇所として、4ヶ所給湯(キッチン・洗面・フロ・洗濯機)が増えています。
今では、16号⇒20号⇒24号となってきました。


給湯器の号数選定の目安は、同時使用をどのようにするかということです。
シャワーの使用が最も大きく影響するのですが、シャワー+台所のように2箇所同時使用を想定することが一般です。
3箇所の同時使用はまず少ないでしょう。
2箇所同時使用を想定して、4人家族なら、24号が望まれます。同時使用を考えない2人家族なら16号でも特に問題はありません。

それでは、給湯器の16号と24号ではどれくらいの性能が違うかといえば、単純に24/16=1.5倍です。
水温15℃で40℃給湯する場合、浴槽が1400㎜タイプであれば、お湯はり時間が、24号給湯器で約16分、16号給湯器で約24分かかります。
1.5倍となります。

給湯器のような設備のメーカー保証は一般に2年ですが、給湯器の寿命は8から12年です。
使用できる間はできるだけ永く使用するのが、環境に優しい使い方です。
新製品がでたからといって、使える間に取り替えることは、問題です。
設備の寿命をまっとうさせることが必要です。


給湯器に浴槽の追い焚き機能が必要かという問題があります。使い方によりますが、入浴中に少し熱い湯を足すことと、追い焚きすることでは、追い焚きすることの方が、効率がよいようです。
完全に冷めてしまった湯を温めなおすときは、新しくお湯をはる方が効率的です。
200リットルの浴槽で、15℃の水から40℃に沸かすと、概算でガス代が72円、給湯方式では62円程度になります。
大勢に影響はありませんが。


給湯器には冬場の凍結という問題が生じます。
寒冷地ならなおさらのことです。
冬場の深夜、給水・給湯管および水栓カランの凍結を防ぐには、水を少しだけ出しておくと凍結しません。
流れている水は氷らないからです。
それほど、水道メーターはあがりません。
気になるようですと、浴槽に溜めるという手もあります。
凍結による破損は、もっとも弱い部分でおこります。
給湯器が弱い部分の1つになります。
寒冷地仕様では水抜き栓が設けられている場合もありますので、取扱い説明書のポイントを理解しておきます。

給湯器の位置は、フロの前でなくてもずらしてもよいです。
また、リモコンの設置位置は通常、キッチンにします。