住宅展示場のモデルハウスとの比較です。

数多くの住宅展示場があります。

家を建てようとする場合の、貴重な情報源になります。
何しろ実物の家を建ててくれているわけですから、すごいものです。
しかも多数の住宅会社がデザインを競って建てています。

住宅展示場


1個所の住宅展示場を訪れると、多くの住宅会社の実物を即座に全部見ることができます。
多くの建築主が一度は訪れます。
中には多くの住宅展示場を訪れ、それぞれ多くの住宅会社の実物を全部見るマニアの方もいらっしゃいます。
見学すると、その住宅会社から粗品をくれます。
粗品とはいえないような結構立派な粗品です。
展示場全体でアンケートに回答すると、また粗品をくれます。ただし、このアンケートに記入すると、その名簿は全住宅会社に公平にリストが配布されます。
余り多くの情報は混乱する場合もありますが、完璧主義の方も多く、一生懸命に見学されます。

住宅会社側としても、極めてコストが高くつきます。
展示場の建設費・家賃・広告費と営業マン・女性受付などの人件費や、電気も冷暖房も付けっ放しの状態で、建築後、数年で解体撤去という条件ですので、相当ハードに頑張らなければなりません。
採算のあう住宅展示場は少なく、平日は閑古鳥が鳴いていることが多いのです。
住宅展示場の数と契約棟数は比例しますので、住宅会社では数十~数百という住宅展示場を出展する場合もあります。
数年で解体撤去という場合は日本の住宅展示場だけだと話を聞いたことがあります。
実にもったいないと思います。
環境にも優しいわけがありません。


ここで確認しておきたいことがあります。
よく「この展示場と同じものが付きます」という表現です。
外部の屋根材・外壁材、室内の天井材・内壁材・床材・床柱など、材料そのものから、施工の納め方に至るまでです。

全く同じ材料なのか?
同じような種類の材料なのか?
同じような納め方なのか?

展示場と貴方が建てる家のプランは当然違いますので、確認します。
面倒くさいわけですが、確認は行なえば、行なうほど、よしです。


説明する営業担当者も、契約をとるために、敢えてぼかした表現をする場合や、確認せずに適当に表現する場合もあります。悪徳リフォーム工事の営業マンではありません。
それぞれ住宅展示場に出展できるだけの、信用ある住宅会社の看板を背負っていますから、ひどいことはありませんが、後でトラブルになる場合もあります。


ところが説明する人が技術系の人になると、ハッキリとする場合が多いのです。
特に工事系の人の説明は、後でトラブルにならないために、念押しします。
例えば、営業担当者が断熱材の入るところを説明すると、工事担当者が、補足として断熱材の入らないところを説明します。建築主に正味のことを念押しします。
建築主にも、施工者にも、後で大きな問題にならないように確認したいものです。
建築主も住宅展示場で、現実に現物を見たわけですから、強い印象が残ります。
自分の家も同じようなものになるという思い込みもあるようです。


世界中に1軒しかない家です。
全く同じものはありません。
仕様書・色決め表と照合し、確認が必要です。
建築主の想いと設計図面との食い違いは、早くわかればわかるほど、対処のしようがあります。
出来上がってから、違うといわれても建築主・住宅会社の双方ともに困りますす。

各種の打ち合わせとは、この食い違いの溝を埋めていくことが目的です。
住まい創りとは、大きな事業ですから、食い違いは必ずあるといえます。