各種構造金物補強です。

構造金物


在来木造工法は、ほぞ・ほぞ穴の加工をすることにより、現場で比較的楽に、組み立て可能です。
昔は大工職人が作業場で、墨付け・きざみ加工まで行ない、それらを現場に運んで、組み立てておりました。
ときどき間違えて、現場で修正している状態がありました。
最近は工場で、CADを使ってプレカットまで行ないます。
人によるバラツキがなくなりました。
間違いもほとんどありません。
その分、大工職人で、墨付け・きざみ加工の技術が伝承されにくい状況です。
仕事をする現物が機械化され、自分がやらないわけですから、無理もありません。
今後は墨付け・きざみ加工ができる大工職人はますます減少することでしょう。

ほぞ・ほぞ穴だけで、組み立ては可能ですが、強度計算上、必ず金物補強を行ないます。
金物+釘の本数の方が計算しやすく、バラツキがないシステムだからです。
現在、住宅を建てる場合は、金物を無視することはありません。
適材適所の金物が定められています。
材と材が接続する主要個所には基本的にすべて金物が付きます。
主要でないところは一部釘のみのところもあります。

阪神淡路大震災以後、基準も厳しくなり、金物補強が充実してきました。
在来木造住宅で、基礎と土台・柱を緊結するホールダウン金物が典型的例です。
震災以後、急速に普及しました。
基礎コンクリート打設時点で、しかるべき位置に狂いなく設置することになりますから、基礎職人にとって、かなり困難な仕事です。
なかなか位置がピタッとあいません。

在来木造・2×4工法などにあわせた、適材適所の金物が定められています。
短冊状態の各種プレート金物に、穴の開いている全個所に、指定された長さの釘を打つ方法と、ボルトで固定する方法が多数です。
筋違がきっちりと施工され、金物が多く施工された最近の建物の、震災被害は少なかったです。
被害の多かったのが、在来木造住宅の古い施工、つまり白蟻の被害や、金物補強が少ない、筋違がきっちりと施工されていないような建物でした。

震災後の厳しい基準で建設すると、被害がまったく無いとはいえませんが、倒壊にいたるような現場はまず、ないと思います。