住宅現場の電気配線工事です。

電気配線が整然と並んで丁寧に施工されています。
このようにきれいな配線は久しぶりです。

電気配線工事


電気配線材料のコストダウンで、短い材料しか現場に入らないと聞きますが、このような配線が可能ならば、気持ちいいです。

大工職人を筆頭に、そこそこの水準の職人が入っています。
いい家を創り上げていくには、職人の確保が欠かせません。

コストダウンやリストラなどの名目で、職人を大事にしない時代が続いています。
仕事が少なくなると、順番に切り捨てていっていますが、このような仕事をみると、真に残念な気持ちです。

このような現場では、建築主との関係もうまくいっているのではないでしょうか。
現場は、工事担当者・施工店の監督・各種職人のコラボレーションです。
どこか余裕の感じられる現場です。