2Fトイレに設置した通気管です。
スリム吸気弁といいます。

スリム吸気弁


これを設置することにより、トイレのゴボゴボ音が解消されます。
来客時に格好悪くありません。

トラップの封水も確保され、正常な排水になります。


本来は建築時点で、設置すべきものですが、効果が認識されにくく、コストダウンのターゲットになりやすいものです。
後から、やっぱり必要となっても、入居後の工事は大変です。
クロスをめくってやりかえしなければなりません。
大工・水道屋・クロスなどの職人が行かなければなりません。
当然、窓口の工事担当者も確認に行きます。
複数の職種の複数の職人が、行くことになりますから段取りが大変です。
時間的なズレと順番です。
誰かが少し遅れると、順番に全部ズレていきます。
職人が手戻り、出直しになります。

施主の前で、舞台裏を見せながら、行う仕事は避けるべきものです。
舞台は表だけでよいのです。