設備配管の長さです。
長くなるほど、コストは上昇し、性能が悪くなります。
プラン上で、排水配管が長くなる場合があります。
あまり長くなるのは設計とし問題があります。

長い排水


納めることは可能ですが、余りいい気分ではありません。
水周りはなるべくまとめるのが設備計画です。
押入れがあれば、パイプシャフトを設置するなどできますが、写真のように、梁の下端を延長していくのは問題です。
構造の梁をカットするのはもっと不可です。