外壁が通気工法で左官です。
左官の場合、コスト面で、外壁通気をとらない場合がありますが、しっかりと通気工法でした。
左官の仕事もよくできています。

ところが、シーリングは駄目でした。
左官モルタル施工時に、シーリング目地棒をいれていません。

左官コテで、溝をきっています。
少し凹にしています。
適正な寸法でのシーリングが施工できません。
仕上がると、吹き付け材に隠れて、見えません。
後からでは判らなくなります。

玄関枠シーリング


サッシシーリング


シーリングは本来、動きに追随できるように、2面接着を行ないます。
この現場では、2面接着できません。
かといって、3面接着でもありません。
三角シーリング状態となっています。
正常なシーリング効果は期待できません。

現場では、異常に気が付くか、付かないか、人により、バラツキます。
感受性といいます。