排水ヘッダー工法です。

推奨工法ですが、なかなか普及しません。
現場で見ました。
汚水(トイレ)と雑排水(キッチン・洗濯・洗面・フロ・手洗いなど)を同時に排出するシステムです。

排水ヘッダー工法


昔は、汚水と雑排水を分離していましたが、最近は排水もほとんど詰まらなくなりました。
したがって、同時に流しても問題ないという判断です。

排水ヘッダー


ただし、地方自治体によっては、
無条件で認める。
条件付で認める。
建築主の承諾の印鑑があれば認める。
認めない。 
などのパターンがあります。

時間と共に、認可される箇所が増えていきます。
給水・給湯のヘッダーシステムのときのように。

メンテナンス担当者は点検しにくいとイヤがります。
床下にあるヘッダーの上部から見えにくいからということです。
直接見なくても、点検可能です。
器具側から掃除も可能です。

徐々に普及することでしょう。