現場の喫煙について、現在では、屋外1個所のみ、喫煙指定場所を設定しています。
そこには灰皿を設置します。

屋外ですから、通常は雨にあたります。
雨水が灰皿の中に入ると、惨めな状態になります。

灰皿に蓋を設置すれば、問題ありません。
これも配慮の1つです。

喫煙指定場所


蓋をつけなければ、雨水が灰皿に満水となり、中で腐って、あぶくがでています。
気持ちの悪いものです。

灰皿水溜


空き缶を灰皿代わりに使用するのは不可です。
屋内で喫煙することは当然不可です。

現場での喫煙は、屋外の喫煙指定場所1個所のみです。