足場の作業床が材料置場になっています。

これは作業床が危険ということで不可です。
1時的に置くならやむを得ませんが、あくる日まで置くような場合は不可です。

足場作業床の材料


職人も自分の都合だけを考えて、足場を共同で使用する他職種の安全のことを考えていませんから配慮不足といえます。

現場で見受ける配慮不足箇所は原則的にすべて注意の対象となります。
何度でも教育しなければなりません。
ここが教育の難しいところで、1度注意すれば終わりにはなりません。
1度や2度の注意でなおることはありません。

したがって、わかりきっていることを何度も根気よく注意することになります。