外壁サイディングの通気工法です。

バルコニー腰壁の最上部、つまりバルコニー笠木のすぐ下部です。

通気層として、約15㎜の空間があります。
この通気層が、建物の耐久性アップに貢献します。
空気が流れることにより、若干の雨漏りや結露による水滴が流れて排出されます。
あるいは蒸発します。
乾燥してくれて、耐久性がアップします。

外壁通気工法


この通気層が無い場合には、毛細管現象により、入った水滴は乾燥することなく、建物に悪影響を及ぼします。

いずれにしろ、キーワードは通気層の空気が動くことです。
密閉して、空気が滞留してはいけません。

空気の移動は、自然エネルギーのみです。
換気扇もありません。
太陽の日射であつくなった空気が上昇する原理だけです。
したがって、空気の入り口と出口を塞ぐことのないように配慮します。