2m以上の作業は高所作業という扱いです。
危険なところですから、作業床、安全ネット、安全帯などの墜転落防止対策を講じます。
住宅業界では、重篤災害の大半が墜転落を伴います。

屋根の上ですが、親綱が設置してあります。
親綱が設置されている現場ですから、住宅会社はそれなりの配慮をしています。

親綱有安全帯無


屋根職人は2人が屋根上にあがって、 材料をあげています。
安全帯は所持していません。
当然、使用もしていません。
職人は安全帯を使用しなければならないという概念がありません。

このような現場が多いのが住宅です。
安全パトロールのときだけ、安全帯を使用しているのではないでしょうか。

職人に対する安全教育が重要です。