建物が竣工して、カーテンレールやブラインドを取り付けたときに、失敗がわかります。
工事途中で気付くことはかなり困難です。

建具の当り1


建具の当り2


扉を開けたときに、当ります。
少し小壁を横に設けて、建具を寄せておくとよいのですが。

エアコンとカーテンレールがあたることもあります。

竣工後取り付けるものを想像して、工事途中で気付くべきものです。
もっと欲をいえば、図面段階で、現場を想像して、事前に提案できれば最高です。

現場を担当する者には、かなりの経験や感受性が必要です。

事前に気付いて施主に提案すると信用を得ることができます。