地耐力調査(スウェーデン式サウンディング)

住宅業界では、その敷地の地耐力(地盤)調査をおこないますが、一般に行なう調査が、スウェーデン式サウンディングと呼ばれる調査です。


大きなビルを建設するわけではありませんので、住宅向きの簡易な検査方法ですが、調査に要する費用の割に、優れたデーターを得ることができるため、多用されています。

経済的理由が大きいです。

2500万円の住宅を建設するのに、地耐力調査費用だけで数%に相当する何十万円もかかっては問題です。

ビル建設では、さらに信頼度の高いボーリング調査が必要です。

現場に穴をあけて、土を採取するものですが、住宅では、そこまでは不要です。

サウンディングとは、ロッドの先端に取り付けた抵抗体を地盤中に挿入し、貫入・回転・引き抜きなどに対する抵抗から、地盤の性情を調査する方法です。

標準貫入試験・オランダ式2重管コーン貫入試験などの方法もありますが、住宅ではスウェーデン式サウンディングが圧倒的に多用されています。

現場毎に必ず、地耐力調査を、契約後に実施します。

解体する建物がある場合は、解体後に更地になった時点で調査するほうが確実です。

どうしても基礎補強に要する金額を早く知りたいときは、解体する建物の畳を外すなどして調査することも可能です。

近隣のデーターがあるからといって、省略してはいけません。

スウェーデン式サウンディング試験(100㎏の重りをかけたスクリューポイントを25㎝貫入させるのに半回転を何回、回すかということで、換算N値を求めます)では、敷地の通常5ポイントを測定し、敷地の地耐力を判定します。

問題のない敷地であれば5t/㎡以上の地耐力です。

5t/㎡以下であれば、何らかの基礎補強が必要となります。
敷地が切土ならよいですが、盛土もしくは切土と盛土の境目であれば、問題のある、弱い地盤ということになります。

この判断をミスすると不等沈下など、将来に重大な問題を引き起こしますので、慎重な判断が必要であると同時に、安全側に判断し過ぎるとコストアップになります。

適切な判断が必要です。
null

5ポイントのデーターから判断するわけですが、多少の判断経験が必要です。