エフロレッセンス(白華)について、

よくタイルやレンガのところに、白い粉がふいたようなものがついていますが、その白い粉状のものは、エフロレッセンスというものです。
日本語では白華(はっか)といいます。
通称ハナタレとも呼ばれます。

白華


タイル・レンガ・モルタルなどの成分Ca(OH)2と空気中の炭酸ガスCO2が水のあるところで、反応して炭酸カルシウムCaCO3が形成されたものです。
つまり、アルカリ性Ca(OH)2から中性CaCO3に進行していく、中性化現象と同じものですから、劣化ということになります。

Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2O

見栄えが悪く嫌われます。

浸透性防水剤により、ある程度防ぐことが可能です。
空気中の炭酸ガスと触れないようにすることは困難ですから、擁壁の裏面の防水工事をしっかりと行い、水が浸入しないようにすることが一番です。
土の下は後から見えませんから、防水工事がきっちりと施工されたかどうかの確認が必要です。
防水を施工しないで、いきなりコンクリート擁壁に土をいれる場合もあります。
外部の土には、水分が含まれますから、問題のある施工ということであり、当然、エフロレッセンスが発生する可能性は高まります