建物の基礎の仕上げは、一般にモルタルハケ引き仕上げや、樹脂モルタル塗りを行ないますが、高級な仕上げとして、石を張りました。

基礎コンクリートに石を張るということは、コンクリートと
石の間に隙間が生じることになります。
その間の層から、シロアリが侵入しました。
土台が被害を受けました。

外断熱工法の場合に、コンクリートと発泡スチロールの間にシロアリが侵入することは知られています。
したがって、温暖地で、基礎に外断熱工法を採用することは問題があります。
これと同じ理屈です。
タイル張りの張り付けモルタルは全体に同じ厚さを塗ることなく、多少ダンゴ張り状態です。
隙間が生じます。
シロアリにはちょうど都合のよい侵入口になります。
お金を掛けた仕上げですが、採用すべきではありません。
基礎の石張り

基礎石張白蟻