サッシガラスの結露について、

結露とは、室内の温度・湿度と室外の温度の条件により発生する水滴です。

夏場に冷たいビール瓶を部屋に置きますと、間もなく、ビール瓶の回りに水滴がつく現象のことです。
冷たいビール瓶の表面に、室内の暖かい空気が触れ、ビール瓶の近くの空気温度が、急激に下がったために起きた現象です。
暖かい空気中では、含むことができた水蒸気が、冷たい空気中では含むことができずに余って、ビール瓶の表面に水滴となってでてきたのです。
つまり温度の変化により、保有できる水蒸気量がかわるということです。
その境目の温度を露点温度といいます。
この露点温度以下で結露が始まります。そして建物外部と建物内部の温度差が激しくなるほど結露水は大量になります。


一般的には冬場の寒い外気に対して、建物内部を暖房しますと、温度差が大きくなります。
断熱材のなかった昔は、いくら部屋内部を暖めても暖まりませんでした。
また隙間も多くありましたから、自然と換気ができ、結露による被害は少なかったのですが、現在の建物のように気密性・断熱性が上がると、結露による被害が必然的に多くなりました。


一方逆に、夏場の暑い外気に対して、建物内部を冷房しますと、温度差はやはり大きくなります。
夏結露という現象です。
やはり冬場と同じように結露が発生します。
要するに温度差があれば結露は生じます。


ガラスは熱をよく伝える性質をもっています。
冬場の外気温度からして、室内の相対湿度が65%前後になりますと、ガラスが複層のペアーガラスでもシングルガラスよりは良い条件ですが、結露がおこります。
通常は暖房室においては60%未満であり、結露はおきにくい状態です。
開放型ストーブの使用(ストーブの上にヤカンを置いて水蒸気を発生させる場合は最悪)や、子供の多人数就寝の場合、など、室内に水分発生が多い条件では、相対湿度が上がり、結露が発生します。
特に室内で、洗濯物を干す場合、極めて条件が悪くなります。
住まい方の問題が大きく影響することになります。


ペアーガラスでも外気温度が0℃前後であれば、確実に結露します。
ペアーガラスは結露に対しての条件は、シングルガラスに比較して良いのですが、結露が起きないわけではなく、起きにくいというだけです。
よくサッシにペアーガラスを使用すれば、結露が起きないという解釈をされる方がありますが、そうではありません。

室内の結露は、住まい方の影響を大きく受けます。
例えば、室内に観葉植物を多数置くことも結露の原因になります。

観葉植物とサッシ結露


あるいは、室内で洗濯物を干す場合もあります。
これも大量の湿気を室内で発生します。
開放型の石油ストーブを使用することも、炭酸ガスと同時に湿気を大量に発生します。
発生した湿気は、速やかに結露発生になり、建物の耐久性を低下させます。
カビ・ダニなどによる不健康状態になっていきます。