引き戸の下の、仕上げ位置の確認です。

住宅展示場に行ったときに、引き戸のところで、床仕様が室内から見て不細工でした。
フロアー材とCFシートの境目が引き戸の真下で変えるべきです。

敷居のない吊り式引込み戸が増えて、このような不細工な現象が生じました。
現場における、納まりの誤りです。

建具と敷居下


室内間の床材で、フロアーとCFシートのように床仕様が変る場合、あるいは同じフロアー材でも品番が変る場合、吊り式引込み戸がくるときには施工上注意が必要です。
敷居が無いからです。
敷居があっても、その敷居で見切ることができず、ずれています。

ジョイントする部分の位置がわかり難いのです。
1度失敗すればわかることです。
このようなところまで、住宅現場の図面に表現されません。
納まりの詳細図をつくれば別ですが、住宅会社ではそこまで行ないません。
つまり現場任せになります。
大工のセンスのようなものですが、ここに期待することになります。
このあたりは大工により、バラツクことになります。
ドアの場合は、壁芯で床の仕様を変えれば問題なかったのです。
敷居をかぶせれば、少しずれても問題なく納まりました。
吊り式引込み戸が図面の中に含まれる場合には、かなりズレた位置までフロアー材を張り延ばしておくことが必要です。
材料の拾い出しにも注意が必要です。
機械的に拾い出しを行なえば不足することになります。

現場の仕事を、頭の中で想像できる人が必要です。