建築主の中には、一生のうちに何回も住宅を建設される幸福な方もありますが、通常は一生に一回限りの大事業という場合が多いのです。
そして、自分の現場が全てであり100%です。
一方、住宅メーカー側の人にとっては、たくさんの現場のうちの一つにしか過ぎません。
特に忙しいときは、早く仕事をこなさなければなりません。
そしてこの忙しい時期はかなり多くあります。
ここに全ての問題点が集結しているといっても過言ではありません。
だからこそ、できるだけ時間をとって、説明の時間が必要なのです。
そうはいっても1から10まで全てを説明することが難しいのも事実です。
従って図面・仕様書・見積書・契約書・契約約款(場合によっては模型)などで表現します。
建築主が、「相手はプロだから、適切な説明をするのが当り前」と思われるのはそれなりに正しいともいえます。
しかし、現実に住む建築主のことを全て解るわけではありません。
建築主も疑問点を見つけ、調べ、問い合わせ、確認する努力を自らされれば、それは決してマイナスにはなりません。
住まいを創りあげる過程を通じて大いに勉強になります。
貴重な経験になります。
大体しょっちゅう経験できることではないのですからせっかくのチャンスを使って欲しいと思います。
住宅メーカー側も建築主が満足して下さる住まいを創りたいわけです。
その点で目的は共通です。
完全に専門家にお任せという場合も多くありますが、住宅の建築そのものはローテクです。
工場で行う作業もありますが、現場作業も多いのです。
職人が現場で建築材料(木材などの農林産物)を、道具を使って加工して取り付ける世界ですから、バラツキが無いわけではありません。
建築主自ら把握することは、建築主・住宅メーカー側の双方にとって随分大きなメリットがあります。
結局住むのは建築主自身です。




現場で学ぶ住まいの雨仕舞い

学芸出版社

このアイテムの詳細を見る