バルコニー(ベランダ)の笠木からもよく雨漏りが生じます。

多くの雨漏り事例があります。

昔はバルコニーを1Fの部屋の上に設計することは住宅メーカーによっては禁止されていました。

1Fの建物本体から外へ突き出した形で設計していました。

もし雨が漏れても外部に漏れるだけで、部屋の中には影響を及ぼさないための配慮からでした。

ということは、バルコニーの雨漏りの危険性を認識した上での措置だったのでしょう。

これは昔の話です。

今はFRP防水・鋼板防水を防水メーカーの責任施工、10年保証の上で施工するようになりました。

防水性能も上ってきましたから、1Fの部屋の上にバルコニーを設計するようになってきました。

しかし、雨漏りは減ったかもしれませんが、無くなったわけではありません。

居室側に影響を及ぼす雨漏れは逆に増えているはずです。




現場で学ぶ住まいの雨仕舞い
学芸出版社

このアイテムの詳細を見る