住宅現場においては、余程の大型高級住宅を除いて、基本的に工事監理者が常駐できないシステムです。
ゼネコンの行う大型ビル建築とは規模が違いますので、1人の工事担当者はいくつかの現場を巡回しながら工事監理します。
これは決してその担当者が手を抜いているのではなく、会社としてそのようなシステムなのです。
どこの住宅メーカーもこのシステムです。
車に乗って移動する時間の方が現場にいる時間よりも長いのが通常です。
ここに決定的な問題があります。

従って、建築主としては自分の家だけを特別に常駐して監理しろという注文は本来無理な注文なのです。
一般に坪当たりの単価を競争するシステムの中ではコストダウンも凄まじいものがあります。
住宅メーカー社内では、1軒あたり1万円コストダウンが可能な案件はどんどん進めていかなければなりません。
最近は千円下がる案件でも行います。
これが住宅メーカーの競争です。
建築主は一生に一回だけの大きな買い物で、何千万円も支払うのだから、1万円位は何でもないという考えです。
各住宅メーカーの競争は熾烈です。
コストダウンを図って実施した内容も、実は仕様ダウンだったということも多くあります。
仕様ダウンの結果としてトラブルが増え、逆に高くついたということもあります。

会社にとって、値段競争に陥ることは駄目と言われます。
「安売りは誰も幸せにしない」と言われます。
社員が幸せにならないからです。
会社も幸せになりません。
それはいずれ建築主にも影響を及ぼしかねません。

別の価値を表現しなければなりませんが、それだけの大きな違いをアピールすることも、それを建築主に説明し、理解をいただくことは決して簡単ではありません。
トラブルにより、10%位の値引きを要求されるときがあります。
建築主は簡単に10%といいますが、住宅は値段の付け方が違います。
宝石のように、30%も50%も値引くことはありません。
お前には10%引くだけの権限がないのか、お前の上司を呼べ!ということになります。
よく建築主から怒られますが、住宅では1%の世界です。
このあたりはご理解いただけないようです。

要するに、雨漏れしない設計で、雨漏れしない施工をするのが基本です。
デザインを無視してよいものではありません。
それでは建築主が納得せず、契約はできません。
ただデザインに対応できる納め方を考えておく必要はあります。





現場で学ぶ住まいの雨仕舞い

学芸出版社

このアイテムの詳細を見る