『防水ジャーナル』((有)新樹社)2006.8

建築主の信頼を最も失うトラブルは、雨漏りである。
住宅に関する係争は医療訴訟に次いで多くなっており、その中でも漏水関連の事例が多い。
雨漏り箇所の特定は難しく、また完全な手直しも難しい。
本書では、ベテラン技術者が木造住宅の豊富なトラブル事例をもとに、雨漏れのしにくいデザイン、危険部位における雨の浸入対策など、雨漏りしない家づくりのノウハウを公開。
まず設計段階から雨の漏れない家を考えることを基本とし、危険性の高い場所が含まれる場合の対処法が分かりやすく述べられている。




現場で学ぶ住まいの雨仕舞い

学芸出版社

このアイテムの詳細を見る