金槌で、バルコニー部の構造体をたたくと、音が違います。
鈍い音がして、木片が飛び散ります。
腐っています。

木部の腐り


バルコニーの施工時、配慮が不足すると、このような結果になります。

バルコニーでは、
掃き出しサッシの下端
笠木手摺りの端部(本体の取合い)
手摺りの段差や風抜き穴のコーナー部
ドレンまわり
などのポイントがあり、そこを集中的に、気をつけて丁寧に施工すれば、問題の大半は防ぐことが可能です。


職人も漏れる可能性の高いところは知っています。
現実に、現場で、現物を施工するわけですから、経験として体得していますから、強いものです。

私は結論として、「現場での配慮」だと思います。
現場で、配慮ができない職人は、永続きしません。
現場で、配慮ができない技術屋は、永続きしません。

自分の担当した建物で、雨が漏り、施主が不満を感じるということは、仕事をしていて、楽しいことはありません。
施主が喜んでくれて初めて、技術屋の喜びがあります。