釘跡から雨水の浸入がわかります。

木部の構造体に打ちつけた釘穴から、水が浸入しています。

釘跡からの浸入


木部そのものですから、多くの水が入るわけではありませんが、黒いシミ程度の跡がついています。
雨水の量と風向きによります。

つまり、雨樋の固定などは、外壁の仕上げの上から柱部分に固定しますから、同じ現象が生じていることになります。
外壁に取り付けるものは全てです。
外壁に取り付ける照明器具もゴムパッキンはついていますが、若干の水は浸入しています。

水分の供給があるということは、白蟻の被害にあう確立が高まります。
特に激烈なイエシロアリなら、大きな被害になります。


外壁通気などの方法で、通気層を設けておくと、乾燥することにより、被害は最小限にとどまります。
建物の構造にまつわる部分で、密閉すると、ろくなことはありません。

室内の24時間換気がいわれますが、構造体の換気も重要です。