ハーフティンバーですが、小屋組の筋違いのように斜材になっています。

しかもアール状にカーブしています。

ハーフティンバー


アールの場合には、上部側が水を受けることになりますが、水切りが施工できません。

水切りの立ち上がりの折り返しで、カーブできないからです。

シーリングだけの施工になります。

シーリングの耐久年数は5年から10年です。


また、軒桁・棟束の取合い部分は接触しており、毛細管現象により、雨水が抜けずに、常時溜まった状態になります。

腐りが早い箇所になります。

シーリングを後から施工した様子が見えます。


いずれにしても、雨仕舞いとしては、良い計画ではありません。