軒の出のない、切妻屋根です。
捨てフェルトをいれておかないと、雨漏りしやすくなります。

切妻面側に軒先が周ってきています。
水を受けやすい状態になります。
取合いは小さな三角形ができ、下葺き材の施工がやりにくくなります。
板金の立ち上がりがとれているか心配です。

いずれにしろ、竣工後、目視しただけでは、わかりません。

化粧金物


切妻面に飾りの金物が取り付けてあります。
機能は無く、単なる飾りだと思います。
問題は取り付け方です。
ビスで固定してあるだけでしょう。
上部からの脳天釘打ちではないので、マシですが、横からのビス打ちも良いわけではありません。
適当な固定方法もなく、通常行なっています。
せいぜい、ビス周囲をシーリングしておくだけです。

外壁仕上げの左官工事も通気層は、おそらく確保できていないと思われます。