Rになった庇です。

外壁とR庇の取合いは、1枚の防水紙では覆い切れません。

R庇


伸びる防水テープを取合いに施工すればよいのですが、無理矢理伸ばせば、防水テープにはストレスがかかり、劣化しやすくなる場合もあります。

庇が化粧の場合には、防水テープが外部に見えては不細工ですから、結果的には、シーリング材のみで、防水を期待する納まりになってしまいます。

シーリング材の劣化とともに、雨水が本体側にまわることになります。

Rの庇はデザインはよいかもしれませんが、取り付け方がうまく施工できない問題があります。

庇の外壁接触部の立ち上がりが一体的になっている場合を除いて、採用しては問題が残ります。