屋根の頂部において、板金が交錯しています。

屋根頂部


屋根頂部接近


固まっていますが、シーリングの跡が目立ちます。
仕事の納めからみて、最初から施工されたシーリングではありません。
雨漏りがあったから、後から施工されたように見受けられます。
シーリングを塗りたくって、雨漏り対策とします。
シーリングの耐久性は、数年から10年前後です。
このような条件の厳しいところではもっと短いでしょう。

深さ寸法(最低10ミリ)の確保できないシーリングですから、性能も信用できません。

このような屋根形状の設計には無理があります。
板金が交錯する納めは要注意です。

なお、板金の下部、つまり下葺き材のアスファルトルーフィングですが、雨水は、下葺き材の上を若干ですが流れます。
下葺き材が重要な役割を果たしていますから、丁寧な施工が必要です。