短いところですが、梁状のつなぎ材をいれています。

化粧梁


上部は水切りとして、板金施工をしています。
その端部は、壁面と接触しています。

外壁で、接触するところは全て要注意です。

下段は仕方ないとして、上段の梁はない方が雨仕舞いとしては無難です。

外壁の仕上げも自体も、モルタルハケ引き仕上げのようです。
吹き付け仕上げはありません。
工事途中のように見えますが、入居済みです。

屋根のガルバリウム鋼板も、外壁取合いは、隙間が少なく、捨てフェルト仕舞いをきっちりとしておかないと、雨漏りしやすい部位となります。

設計事務所の設計による玄人好みの仕上げのようです。
一般の無難な納めではありません。