軒の出の短い(30センチ以下)場合には、大工施工途中に、捨てフェルトを入れます。

捨てフェルト


写真は大工が捨てフェルトを施工してから後で、破風板を施工しています。
次に外壁職人がアスファルトフェルトを、捨てフェルトの下から差込みます。
上からはっては駄目です。
せっかく出した雨水を再度内部へ呼び込みます。
水の流れを考えて、順番に施工します。

アスファルトフェルトの代わりに、白い透湿防水紙を使用する場合もあります。

この捨てフェルトは、比較的簡単な施工で、コストも安く、効果の大きなものです。

雨漏りの可能性の高いところには応用可能です。