外壁のシーリング工事の仕様について、通常は1成分形(1液性)を使用します。
これは品質確保が可能です。

2成分形シーリング材が施工された現場があり、メンテナンス点検時に、劣化したシーリングの手直し工事が、保証されないという問題がありました。

2液性シーリング


2成分形(2液性)のシーリング材は、コスト面の優位性はありますが、主材と硬化剤を現場で適切な時間、混練する必要があるため、耐久性・品質管理の点で問題があり、長期の保証ができません。


指定された仕様通りの仕事がなされて始めて、契約通りのはずです。
工事管理が甘いと、このような事態になる可能性があります。
このようなところで、バラツクことは現場を携わる者として、情けないです。