バルコニーの掃き出しサッシ下端もよく漏ります。

バルコニーといえば、ドレン周り、サッシ下端、手摺り笠木取合いの3箇所が、3大雨漏りするところです。

バルコニーサッシ下端


工事途中ですが、FRP防水完了後にサッシを取り付けています。
水の流れを考えた、正常な納めとなります。
サッシ取り付け後にFRP防水を行なうと、逆の流れになり、雨漏りする可能性が高まります。

サッシ枠取り付け後に釘で固定しますが、せっかくのFRP防水に穴をあけることになります。
FRP防水業者はこれを嫌います。
釘を打つなといいます。

釘を打たないと、今度はサッシ屋が釘を打って固定しろと怒ります。
バルコニーの床からかなり上っています。
ここまで、水が溜まったら漏ります。
居室の前ですから、入居者が異常に気付くハズということで、釘で固定します。