かなりの高級住宅ですが、バルコニーの納めに無理をしています。

バルコニーのサッシと立上がりの干渉


サッシに向かって、立上がりが納まらずに、切り下げています。

真に不細工な納まりとなりました。
雨漏りに対しても悪い条件となります。
防水工事がうまく施工しにくい状況です。

バルコニーの設計が悪いのです。
バルコニー幅をもっと広げるなど工夫をすれば、このような納めは避けることができます。
現場の工事担当者も提案不足です。
適切なメンテナンスもできません。

このような点を変更提案して採用されれば、工事担当者の信用は絶大になります。

事前に図面段階で、気付いて、提案して、変更するのは並大抵のことではありませんが、技術屋なら、気付いて欲しいところです。
この経験が次に生かせればよいのですが、また同じ失敗を繰り返します。