住宅現場の雨仕舞いポイント

雨漏りの可能性の高い部位を示します。
現場での要注意点、エキスです。

これらの部位を集中的に管理すれば、雨漏りを激減させることが可能です。


①下屋軒先と壁取合い部、捨て防水紙及び壁止まり役物納まり

②バルコニー取合い部のCSガード納まり

③屋根吹抜け部の取合い

④バルコニー掃き出しサッシとFRP防水取合い

⑤パラペット袖壁部と屋根取合い

⑥谷部捨張り・棟部増張り

⑦スレート屋根 ケラバ登り木のルーフィング仕舞

⑧ケラバ破風・軒の出のない場合の納まり

⑨谷頂部水切施工(ドーマも同様)

⑩壁取合い出隅・入隅増貼り防水紙施工

⑪軒の出300㎜以下の場合の捨て防水紙施工

⑫棟違い屋根の施工

⑬煙突廻りの施工

⑭入隅部外壁防水紙の重ね代

⑮外壁防水テープ「ハイパーフラッシュ」配管部分

⑯ドレンとオーバーフロー管

⑰トップライト部の施工

散水試験の実施や現場での勉強会を実施することにより、昨年度に比較して、大幅に雨漏りが減少しました。