過去5年間に、5回の雨漏りをおこした現場です。
場所は山口県。
雨漏りを直したのですが、さすがに信用がなく、雨漏りしない証明をしなければなりません。

雨漏りがしない証明は難しく、「悪魔の証明」となります。
雨が漏れる証明は理屈が簡単です。
1箇所集中的に水をかけ、漏れたら証明可能です。
ところが雨が漏らないという証明は、
ここが漏らなくても、他は漏れるかもしれない。
水をかけて10分間漏らなくても、30分かけると漏れるかもしれない。
30分漏らなくても1時間かけると漏れるかもしれない。
永遠に証明不能です。
だから「悪魔の証明」と言われます。
しかし、漏れないという証明を要求されます。

雨漏りのプロをいれることになり、勉強のために立会いました。
プロは、サーモグラフィー㈱です。
温度を感知する赤外線サーモグラフィーカメラで、雨漏りを見つけ出します。
過去に何度か依頼したことがあり、今回も遠方ですが依頼しました。
3人で2日間にわたって、かなりの高圧で水をかけまくりました。
雨漏りの再現です。
1つの現場で2日間も立ち会うと、勉強になります。
私が現実に立ち会うのは初めてです。

結果として、3箇所から漏れてきました。
①シャッターボックスコーナー
②バルコニー排水ドレンまわり
③縦樋固定金具

立派な報告書をもらいました。
かなりの枚数の写真がついています。
説得力があります。

ただ雨漏りの浸入口が一発で判るのと思いきや、浸入口を見つけるのが難しく、技術屋の経験によるノウハウです。
結局は技術屋の経験と勘が大切ということです。
勉強になりました。
今後に生かしていきます。