前回の続きです。

この現場は、私の大学の大先輩ということで、立場上、再度訪問しました。
前回施主と直接お会いできなかったので、今日朝1番に会いました。

屋根に上がってみると、目が点になりました。
屋根の雨養生が半分だけで、残りは行われていないのです。
今朝私の自宅では、結構雨が降ったのですが。
現場周辺は大したことはなかったらしいですが。

屋根をめくるときに、雨養生することは常識です。

前回、職人が制服を着て、きっちりと私に名刺を渡して挨拶もしたので、
信用していましたが、残念なことです。
null

分かりきったことでもやはり念を押すべきです。

隅棟部からの雨漏りにより、1箇所野地板が激しく傷んでいました。
null

平部でも、カラーベストの釘穴からは雨水の浸入跡があります。
null

わずかですが、アスファルトルーフィングの釘穴シール性が問題です。
粘着性ゴムアスルーフィングなら大丈夫でしょう。

棟・隅棟部の増張りも念をおしておきましょう。
ひょっとして、粘着性のゴムアスを使うなら、勝手に増張りを省略されてしまうかも。

俺の立場をつぶさないでくれ!