ドクター住まいとは

■doctor-sumai.comの立上げにあたって

家を建てるということ
 家を建てるということは大変なことです。
大の男が一生をかけて取り組む、壮大な事業のように思われます。
多数のサラリーマンにとっては、節約して、やっとの思いで貯金した頭金と、住宅ローンなどを合計して、工面する大切なお金です。
住宅ローンの支払いが終わるころには、利子と合計すると、文字通り一生を捧げる大事業といえると思います。
数千万円のコストと、相当なエネルギーが必要となります。
考え抜いて決断を出す勇気も必要です。
昔から、男と生まれたからには家の一軒でも建てないと、というような意味のことをいわれました。
一方、たかだか、家一軒のために、人間の一生をかけるなんてバカらしいという方もあります。

私は、住宅業界に入って30年を超えました。
主として技術系で現場施工部門を歩いてきた技術屋です。
人の家ばかり建ててきました。
自分の家は、我ながら情けないですが、建てたことはありません。
人の家ばかり建てていると、自分の家にかけるエネルギーが残らないのかもしれません。
ただ様々な家を建てながら、考え、見てきました。
中には、建築主に非常に喜んでいただいた家もあります。
「貴方のお陰で素晴らしい家ができた。有難う」といってもらえると、やはり嬉しいです。
涙がでました。
人から評価されると、これほど嬉しいものかと思います。
人間にはそのようなDNAがあるのでしょう。
建築主と住宅会社の現場担当者という関係ですが、何十年という末永いお付き合いが続いている場合もあります。
娘さんの結婚式に呼んでいただいたこともあります。
これは素晴らしいことだと思います。

残念ながら逆もあります。
トラブルで裁判になる例、
怒鳴りつけられる例、
工期が遅れて迷惑をかけた例、
変更が伝わらずにやり直した例
など、実に多くの問題を経験しました。
建築主が感じる納得感
 住宅会社は、出来上がる家には、ハード面では当然、合格ラインに達した家を提供します。
しかし、建築主が感じる印象は様々です。
大変満足する方も、大変不満を持つ方もありました。
同じような条件(延床面積・金額など)であっても建築主の感じ方には大きな開きがあります。
現場の人間からみると、同じような対応をし、同じようなQ(Quality品質)・C(Cost予算)・D(Delivery 納期)であってもです。
特別にその家だけを手抜きするようなことは絶対にありません。
与えられた条件の中で最善の努力をします。
当然のことです。
しかし、建築主の感じ方には差が大きいのです。
最近、私には何となく解るような気がしてきました。
それは何かというと、建築主が感じる「納得感」ではないかと思うようになりました。
建築主の感じることがすべてであり、施工者側が感じるものではありません。
建築主が自分で納得をしたものなら、多少の難があっても納得です。
ところが建築主が、充分に納得する前に、建築がスタートする場合もあります。
建築主が納得しないうちにとはどういうことでしょうか。
それは営業・設計・工事の各担当者が充分な説明を建築主に対して、していないということです。
もちろん、忙しい仕事の中ですから、一から十まで、全部説明はできないでしょう。
だから、屋外単品受注生産の、その家だけのための図面や仕様書、見積り書などを作成します。
一方、建築主も異議申し立てることなく、自分が納得しないうちに、何となく建築がスタートしてしまうのです。
任せるか、納得か
 建築主には様々な人がいました。
自分で調べて納得しようとする方、我々専門家にお任せする方(お任せで最後までOKする方はよいのですが、お任せしたものの、プロとして適切なアドバイスがないとお叱りを受ける場合もあります)、専門家の知人を呼んでくる方などもあります。
「こんなハズではなかった。プロとしての適切なアドバイスが無かった。この家はいらないから壊して持って帰って」などの言葉がでます。
施工を担当する者として、つらいものがあります。
例え、時間をかけてでも、納得してから着工すべきものです。
工事を進行させながら、途中で変更しながら、納めていくやり方もありました。
中には照明器具を自分で選び、取り付けてから、やっぱりイヤという主張をして変更する方もあります。
お金は変更前と変更後の照明器具代と取付け費の、当然両方ともが必要になるのですが、前のものを返品して減額するように要求され、差額でという主張を大真面目でされます。
だれも梱包を開けて、取り付けた物を返金して引き取ってくれません。 壁の仕上げクロスも貼ってから、気に入らないと変更を要求されました。剥がしたクロスはゴミにしかなりません。
現場で発生するゴミのことを産業廃棄物といいます。環境も害しますが、コストも傷みます。
要するに、だれかが費用を負担し、損をしているのです。
このような場面が続くと、残念ながら技術屋としての心が通わなくなります。
はやく終わって逃げ出したい一心で、仕事をこなすようになります。
こうなるとうまくいきません。 このような場合は、建築主も、我々も望むところではなく、双方にとって不幸なことです。
せっかくの大金をかけ、人生最大の買い物をするのですから、もっと満足感を味わう方法がないものかと思います。
過去のトラブル経験から
 このHPでは、過去にトラブルになった例や、ここは説明して、念押ししておいた方がよいと思われるポイントを列記しました。
着工までに、十分な時間をかけて、納得してもらうまで説明すべきです。普段の仕事の忙しさから、手を抜くことも無いとはいえませんが、極力時間をとるようにしたいものです。
多くのポイントを列記していきますが、ひょっとしたら、多過ぎるかもしれません。
もし、それらが杞憂に終わったならば、幸いです。
主役は建築主
 読んでいただいている貴方が、住宅の技術屋さんなら、該当するポイントは建築主に説明した方がよいと思います。
建築主が納得してから着工するべきです。
読んでいただいている貴方が、これから家を建てようとする幸せな方なら、このポイントを納得するまで住宅会社に聞くとよいと思います。
技術屋からすれば、これくらいのことは建築主側で最初から確認しておいて欲しいと思うことも多々あります。
現実に入居する建築主でないとわからないことも多いのです。
主役は住宅会社ではなく、建築主ですから、建築主の納得がすべてです。住宅会社の担当者の納得ではありません。
夢の住まい創りの一端を担う
 技術屋は、建築主の楽しい夢の住まい創りの一端を担う仕事をしています。
人を幸せにする素晴らしい仕事だと思います。
人に損をさせて、不幸にする仕事ではありません。
それがストレスになっては問題です。
一般に、住宅会社では、アンケートをとります。
その場合に、総合的な満足度は平均95%以上になります。
しかし、個々の内容でみると多かれ少なかれ、不満は残ります。
これだけの事業ですから、多少の不満はあると思います。
しかし、その不満が予め想定され、納得して決めたものならば、得心して、不満にはなりません。
住まい創りのパレート
 住宅産業はクレーム産業ともいわれるくらいです。
このHPで指摘したことを確認すれば、完璧だとは思いませんが、打合せ不足による、思い違いなどのトラブルの80%は解消できるのではないかと思います。
最初の着工打合せで、少し多めに時間を使い、説明を頑張れば、20%の努力で、80%の効果を得ることが可能だと思います。
これらの内容を説明していけば、建築主の信頼もプラスになります。
どれくらい説明したかにかかっています。
パレートの法則(80:20の法則)は、住まい創りの世界では生きています。このような願いを込めて、このHPを立上げました。
建築主は大金を投じるのですから、後で情けない想いをしたくありません。
これは、建築主も、住宅会社も、職人も、同じ想いのはずです。
夢の住まい創りという目標は共通でなければなりません。
このような考えで、このHPは生まれました。
これらのうちのいくつかでもヒントになればと思います。
パレートの法則とは
 80:20の法則・最小努力の法則ともいいます。例えば、所得上位20%の人々の所得累計は、社会全体の80%を占める。というもので、世の中の現象は、一様に分布せず、常に偏った分布をしているという内容です。
これはお店の顧客層と売り上げの関係にも当てはまる場合が多く、一般的には全体の20%の上顧客が、お店の売上げの80%を占めているということです。問題点の原因を、悪いものから順番に並べると、平均していることは少なく、重要な原因から小さな原因まであります。その中で重要な原因をいくつか集中的に解決すると問題の大半が解決することになります。ごく少数の要因によって大勢が決定付けられています。優先順位をつけて緊急かつ重要なものから手をつけると、完全ではないが、大体解決する。このやり方が実社会での時間・お金・品質の制約の中では効率的です。完全に解決しようとすれば、それは費用対効果の点で、とてつもなく効率が悪い場合が多いのです。

■ドクター住まい筆者紹介

玉水新吾
 1953年京都市生まれ、名古屋工業大学建築学科卒業後、1976年から大手住宅メーカーにて、住宅現場の施工管理・品質・保証・工程・安全衛生・環境・技術研修・知的財産・教育・技能訓練・労働災害・産業廃棄物など、住宅一筋の技術屋です。経験年数はとうとう30年を超えてしまいました。

資格 1級建築士
1級建築施工管理技士
1級土木施工管理技士
1級造園施工管理技士
1級管工事施工管理技士
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
コンクリート技士
第1種衛生管理者
建築積算資格者
宅地建物取引主任者
講師 建設業労働災害防止協会(大阪府支部・兵庫県支部)、日本産業技能教習協会、日本鳶工業連合会の職長教育・木建作業主任者・足場作業主任者の講習会講師、事業主教育講師、中央労働災害防止協会RST講座講師、建設業労働災害防止協会SMT講座講師、安全大会講師、一級建築士学科(施工)講師、1級建築施工管理技士講師、石綿特別教育講師、雨仕舞い研修講師など
特許 土台下パッキン及びそれを含む建物の換気装置
基礎型枠セパレーター
換気水切り
減振装置
小屋裏換気構造
隅木取付用墨付け治具等
著書 「住まいの雨仕舞い」(学芸出版社)
「低層住宅施工現場のCIS」共著(PHP研究所)
「かんたんCISマナー」共著(PHP研究所)
「住まいづくりの品格 スクラップ&ビルドシステムの終焉 」[Kindle版]
所属 日本建築協会の出版委員会
大阪住宅安全衛生協議会の事務局長
モットー 安全・CS・環境・健康のビンゴゲームを考案し、3T(楽しい・為になる・得をする)研修を実践中
最近の話題 日経ホームビルダー2007.12にて紹介されました。

P.49~60「結露の盲点」のなかです。ぜひご一読下さい。

■事務所アクセスマップ

所在地
〒556-0022 大阪市浪速区桜川3丁目5-6


電車でお越しの場合
■地下鉄千日前線 桜川駅 4番出口より南へ徒歩2分
■南海高野線汐見橋駅より、南東へ徒歩5分

電車の乗り換え確認にご利用下さい
駅出口確認はこちら(PDF243.4KB)

お車でお越しの場合
■千日前通「桜川2」交差点を南へ150m
■阪神高速15号堺線汐見橋出口右折 千日前通「桜川2」交差点を南へ150m

周辺駐車場の確認にご利用下さい