玉水新吾から感謝のメッセージです。

「ドクター住まい」のHPを立ち上げて5年経過しました。
とうとう10/5(金)に500,000アクセスを突破しました。(感謝)

この5年間は、随分といろろなことがありました。
永年勤務していた住宅会社を、若干早期に希望退職しました。
ストレスを感じない自由は素晴らしいです。
隠れ家には、週7日通っています。
特別の用事がない限り、居心地がいいので、ここにいます。

建築技術系の研修や、1級建築士資格受験予備校の講師をしながら、
大阪地裁の民事調停委員など、住宅技術に関することを専門にしています。

住宅産業はクレーム産業といわれますが、多くのトラブルが発生します。
建築主と住宅会社の双方に原因があります。
1言でいえば、コミュニケーション不足です。
もっとも、どれだけコミュニケーションをとれば充分かはわかりません。
少なくとも、計画・設計・契約・工事の各期間にもっと、時間とエネルギーの投入は
必要だと思います。
商品を買うつもりで、いとも簡単に契約しすぎます。
その解決には多くの時間・お金・エネルギーを必要とします。
当事者のストレスは大変なものです。