高さが2m以上で、墜落の危険性のある箇所では安全帯を使用しなければなりません。

2m以上を高所作業といって、危険であると判断されます。
屋根の上の作業は、当然危険な箇所です。

親綱有安全帯無


安全帯を掛ける親綱は設置されています。
安全帯は使用していません。
着用もしていません。

屋根職人は、自分のための安全に配慮していません。
親綱設備を設置しているのもかかわらず、安全帯を着用も使用もしていません。
生意気な職人です。
このような職人が墜落して、皆様方に迷惑をかけまくるのです。

安全帯の使用は法律で義務つけられています。
法律を遵守すれば、墜落災害がおきないようになっています。
万一、墜落災害で死亡災害がおきると、法律違反があったことになります。
労働基準監督署から、誰の責任であるかの追求がなされます。