住宅現場で工事中は、室内に仮設ハシゴを設置します。
単なるハシゴは危険ということで、リースでアルミ製の踏み段付き・手摺付きのハシゴを設置します。
住宅メーカーでは当り前になりました。

大工が単独ハシゴをあちこちで使用すると、不安全です。
ハシゴの設置角度は75度か
下部は滑り止めをつけたか
上部は固定したか
上階の突き出しは60㎝以上あるか
などをチェックして使用します。

いちいち面倒くさいですから、リースで仮設ハシゴとして、固定します。
はるかに安全となります。

仮設ハシゴ放置


この現場は、仮設ハシゴを買い取っているのか、外部に放置したままです。
そのうち、本来の階段を設置して、養生して使用するでしょう。
工事中の昇降はどのようにしていたのでしょうか?

不安全状態(物が悪い)で仕事をしていたのでしょう。
そこに不安全行動(人が悪い)がおこると、ひょっとして災害につながるかもしれません。