null

建設工事の請負契約において、工程の進捗に合わせて、支払いが発生します。
契約時に双方合意の上で、決定した支払い条件を守る必要があります。
契約金・着工金・上棟金・中間金などです。
これらの支払いを滞ることなく履行するのが本来です。最後の引渡し時点では最終金になります。
契約金額から工事中に発生した追加金額などを含めた全額から、支払った額を差し引いた金額が最終金になります。
この最終金を支払うことにより、建物の引渡しを受けることになります。
建物だけ先に受け取り、お金は後回しというわけにはいきません。
万一、不具合があれば、建物の引渡しを受けないことです。
ビジネスの世界ですから、明確にしなければなりません。

null


建築主として、引渡し検査に立会い、問題点を指摘し、品質面などを確認します。
現実に住んでみないとわからないのも事実です。
住んでから気づくこともあります。
通常の住宅会社は、あとから発生した問題も誠意をもって解決にあたります。
検査立会い時に指摘しなかったから知りませんという住宅会社は聞いたことがありません。
そのような業者はとうの昔に淘汰されているはずです。
最終金の支払いに必要以上に神経質になることはありませんが、事前に気づいたことは指摘し、相談しておきます。