●● スノッブ効果 ●●
スノッブ効果

「他人とは違うものが欲しい」という心理が作用し、誰でもが簡単に入手できないほど需要が増し、誰でも簡単に入手できるようになると需要が減少する消費現象を「スノッブ効果」といいます。

バッグの事例に着目して結果をみてみますと、
「同じものを持っている人が少ないから」
「簡単に手に入りにくいから」
「高級な感じがするから」
「自分の地位・ステータスにふさわしいから」など他者との差異化願望をベースにより高い地位やステータスの気分を得ることができるといったものです。

ブランド志向、独占欲、優越感などを満たすため、他人と比べて唯一無二でありたいという人間の心理的効果で、世の中に使っている人が少なければ少ないほど希少性から生じるベネフィットを感じるという効果です。

(玉水たま)