• 玉水新吾

コラム⑥究極の極小住宅「塔の家」



東京都渋谷区神宮前(通称:青山キラー通り)にある有名な建築設計家の自邸です。敷地面積6.2坪、建築面積3.5坪、延床面積19.6坪の地下1F地上5F建ての鉄筋コンクリート打放し仕上げの住宅で1967年竣工です。

どうしても都心に住むという気持ちでの実現で、面積からいって、タイトルの通りです。現在でも、海外から住宅建築を志す多くの人々が見学に訪れます。余りに小さ過ぎて、現場で探すのに苦労する、本当に小さな究極の住まいです。

この自邸の設計で超有名になりました。建築主は、建築家の東孝光氏です。

 室内は、同じフロアーで建具は無理で、階数により、区分けしています。





1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語